好っきゃねん『ひめじ』最新情報
好っきゃねん!『ひめじ』に参加しています^^; → 参加方法
→ 投稿ルール
■観光・グルメ・イベントなど
■姫路の口コミ情報が満載!
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
< 2011年08>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

★若者労務ステーションQ&A★

助成金診断

2011年08月09日

【労災保険】給付関係請求書等OCR帳票ダウンロード

労災保険給付関係請求書等を、下記URLよりOCR帳票を、一般プリンター等で印刷し、必要事項を記入することで、都道府県労働局・労働基準監督署への手続きの際に使用することができます。

【厚生労働省】
労災保険給付関係請求書等OCR帳票ダウンロード  


Posted by 和田 健 at 18:06Comments(0)書式ダウンロード

2011年08月08日

【最低賃金】兵庫県5円引き上げ(公示)

平成23年8月5日、兵庫県地方最低賃金審議会から兵庫県最低賃金の改正決定に係る意見の要旨が発表されました。

【兵庫県の時間額】
734円 ⇒ 739円(5円の引き上げ)

【大阪府の時間額】
779円 ⇒ 786円(7円の引き上げ)


今後、関係労働者および関係使用者からの異議申出に関する手続きを経て、改正決定が行われることになります。

【兵庫労働局】
兵庫地方最低賃金審議会の意見に関する公示
【大阪労働局】
大阪府最低賃金の改正決定にかかる答申について


  


Posted by 和田 健 at 17:16Comments(0)最低賃金法

2011年08月08日

中小事業主に役立つ時間外労働削減の事例集

平成22年4月1日より、長時間労働を抑制し、労働者の健康を確保することなどを目的として、1ヶ月60時間を超える時間外労働について、割増賃金率を25%以上から50%以上に引き上げることなどを内容とする改正労働基準法が施行されています。
ただし、中小事業主に対しては、割増賃金率の引き上げについて当分の間適用が猶予されています。


これらの改正を踏まえ、今後、企業にとって労働者が健康を保持しながら労働以外の生活のための時間を確保して働くことができるよう労働環境を整備することは重要な課題となっています。



そこで、時間外労働の削減などに取り組み、時間外労働の削減、業務の効率化、従業員の健康などにつながった企業の事例集が公表されています。


長時間労働が常態化している企業は、まず、意識を変えていく必要はあるとは思いますが、事例集を参考に時間外労働削減へ取り組まれてはいかがでしょうか?
【厚生労働省】
中小事業主に役立つ時間外労働削減の事例集  


Posted by 和田 健 at 11:49Comments(0)残業

2011年08月05日

今夏の電力使用制限を受ける際の取り扱い(関西電力管内)

電力使用制限や使用電力抑制により事業活動が縮小する場合であっても、それ以外の経済上の理由(※)による事業活動の縮小が、更にある場合には、雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金が利用できます。

※風評被害により観光客が減少した場合、取引先が電力使用制限や使用電力抑制を受けたことによる売上の減少など、電力使用制限などの影響が間接的な場合など



雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金は、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員の雇用を維持するために休業等を行った場合に、休業手当などの一部を助成する制度です。
【厚生労働省】
今夏の電力使用制限を受ける事業主の皆さまへ


関西電力管内での電力使用制限・使用電力抑制とは】
政府は、関西電力管内の事業所に対して、この夏のピーク期間・時間帯において、全体として▲10%以上を目標に、節電に取り組むことを要請しています。
目安となるピーク期間・時間帯
【平成23年7月25日~9月22日の平日 9時~20時】


  


Posted by 和田 健 at 18:07Comments(0)助成金

2011年08月05日

東日本大震災関連の雇用・労働関係の支援策について

厚生労働省では、東日本大震災で被災された事業主、労働者の方への支援策を一覧にした各種ウェブページとリーフレットを作成されていますが、このたび、情報を容易に探せるようウェブページを再編集しています。ぜひ、お役立てください。

【雇用についての企業への支援措置】
【労働基準法などの適用、雇用の安定についての要請など】
【厚生労働省における東日本大震災関連支援策全般についてはこちら】


東日本大震災で被災された方々の就労支援、雇用創出を促進するための「被災者等就労支援・雇用創出推進会議」で推進する「『日本はひとつ』しごとプロジェクト」についてはこちらのサイトをご覧ください。




  


Posted by 和田 健 at 09:17Comments(0)ブログ

2011年08月04日

【樹の会】納涼ビアガーデン懇親会のご案内

【第25回樹の会】納涼ビアガーデン懇親会のご案内


■日時 2011年8月19日(金)18時30分~

■場所 姫路OSビル(OSビアガーデン)

■ 会費 2,900円/男性 2,600円/女性
(飲み放題・食べ放題)

■ 参加申込みはこちらからお願いします。(8月19日まで)

  


Posted by 和田 健 at 17:15Comments(0)勉強会

2011年08月04日

【雇用保険】8月1日より基本手当日額引き上げ

厚生労働省は、8月1日から、平成18年以来5年ぶりに雇用保険の「基本手当日額」を引き上げます


雇用保険の基本手当は、労働者が離職した場合に、失業中の生活を心配せずに再就職活動できるよう支給するものです。「基本手当日額」は、離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められています。


【具体的な変更内容】
(1)基本手当日額の最低額の引上げ
    1,600円 → 1,864円 (+264円)
(2)基本手当日額の最高額の引上げ
  基本手当日額の最高額は、年齢ごとに以下のようになります。
  ○ 60歳以上65歳未満
    6,543円 → 6,777円 (+234円)
  ○ 45歳以上60歳未満
    7,505円 → 7,890円 (+385円)
  ○ 30歳以上45歳未満
    6,825円 → 7,170円 (+345円)
  ○ 30歳未満
    6,145円 → 6,455円 (+310円)
(3)高年齢雇用継続給付の支給限度額
    327,486円 → 344,209円 (+16,723円)
(4)育児休業給付の支給限度額
    204,750円 → 215,100円 (+10,350円)
(5)介護休業給付の支給限度額
    163,800円 → 172,080円 (+8,280円)

【東京労働局】
高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付支給限度額  


Posted by 和田 健 at 11:04Comments(0)雇用保険

2011年08月03日

【読書会】第26回アウトプットできる読書会@姫路のご案内

第26回アウトプットできる読書会@姫路のご案内

●日時:2011年8月10日(水)19:00~21:00

●場所:姫路労働会館2FサークルB

●参加費:100円(会場費用)

●定員:10名(先着順)

●参加お申し込みは当ブログのコメント欄にコメントを頂くか、又は、こちらからお願いします。

●締切日:2011年8月10日(水)

  


Posted by 和田 健 at 17:35Comments(0)勉強会

2011年08月03日

【税】雇用を増やした企業向け税制優遇制度創設

平成23年度の「税制改正法」が6月30日に公布され、雇用を増やす企業を減税するなど税制上の優遇制度(雇用促進税制)が創設・拡充されました。


「従業員数の増加を見込まれる企業」
「従業員の育児環境の整備を検討されている企業」
「障害のある方を多数雇用されている企業」


については、以下の3つの税制優遇制度を是非ご活用下さい!


(1)従業員を1年間で10%以上かつ5人以上(中小企業は2人以上)増やすなどの一定の要件を満たした事業主に対する税制優遇制度が創設されました。法人税額(個人事業主の場合は所得税額)から、増やした従業員1人当たり20万円の税額控除が受けられます。

※この優遇措置を受けるためには、目標の雇用増加数などを記した「雇用促進計画」を、事業年度開始後2カ月以内に管轄のハローワークに提出してください。8月1日から受け付けを開始します。
ただし、事業年度の開始が平成23年4月1日から8月31日までの間にある事業主は、10月31日まで受付期限を延長します。

【厚生労働省】
雇用増加企業向けリーフレット
雇用促進計画記入に当っての注意


(2)従業員の育児環境整備に積極的な企業を支援するため、「次世代育成支援対策推進法」の認定を受け、「くるみん」を取得した事業主に対する税制優遇制度が創設されました。
一定の期間内に新築・増改築をした建物などについて、認定を受けた事業年度に32%の割増償却をすることができます。
【厚生労働省】
次世代法認定企業向けリーフレット


(3)障害者を多数雇用する企業に対する機械などの割増償却制度について、重度障害者の一層の雇用促進を図るため、新たに次の要件を満たす企業も利用できるようになりました。
「法定雇用率1.8%を達成している事業主で、雇用している障害者数が20人以上で、かつ、重度障害者の割合が雇用障害者全体の50%以上」
【厚生労働省】
障害者多数雇用企業向けリーフレット

  


Posted by 和田 健 at 09:48Comments(0)助成金